FC2ブログ

PUFFYさんのサポートでパリやニューヨーク、香港、ハワイなどの海外ライブも経験してきたフジタユウスケ。その後も、自身の活動やサポートとして上海でのライブや楽器ショー、アナハイムの世界最大楽器ショーでの演奏をここ数年で経験してきました。その中でも台湾はもっとも訪れ、たくさんのライブやサポートをしてきました。ライブにとどまらず、楽器のデモプレイや現地アーティストのレコーディング、ミックスエンジニアとの対談などを経験してきました。初めては2010年のPUFFY、それ以後、この二年半でこれだけの訪台をしてきました。

2010年9月25日(土)
「PUFFY TOUR 2010 劇団アセス旗揚げ公演「カニと共に去りぬ」【日本国外:追加公演】」
台北・TICC 台北國際會議中心 PUFFYサポート

2017年6月24日(土)
「LOVE LOVE LOVE×シュノーケル Tour in Taiwan with 赤世代 「”宇宙に夢中”なLOVE LOVE SHOW!!」(著迷宇宙演唱會!!)」
台北・小地方展演空間(APA mini) シュノーケルサポート

2017年6月25日(日)
「LOVE LOVE LOVE×シュノーケル Tour in Taiwan 「”宇宙に夢中”なACOUSTIC LUNCH  SHOW!!」(著迷宇宙不插電演唱!!)」
台北・月見ル君想フ シュノーケルサポート

2017年11月24日(金)
「西村 晋弥xフジタユウスケ Tour in Taiwan Special guest 王宇兒wth Hsin 「No Fishing,No Live!! 漁樂瓏門」」
台北・Legacy mini @ amba

2017年11月25日(土)
「西村 晋弥xフジタユウスケ Tour in Taiwan Special guest 王宇兒wth Hsin 「No Fishing,No Live!! 漁樂瓏門」」
台南・Room335 Live Music Bar:

2018年6月30日(土)
「鍾鎮宇Justin『相信』台北演唱會」
台北・後台Backstage Cafe

2018年7月2日(月)
「Sago x Sonic 共同合作《Ximera Guitar》之新品發表會」
台北・台北國際藝術村 幽竹廳 ギターデモプレイ

2018年7月3日(火)
「Music State2018 reading note&藤田祐介」
新北・狀態音樂Fuzz

2018年12月15日(土)
「鍾鎮宇2018《冬》台北演唱會 」
台北・河岸留言西門紅楼展演館 鍾鎮宇 Justin Chungサポート

2018年12月29日(土)
「Puzzle Funtime JP/TW Vol.01」
台北・水管音楽

2018年12月31日(月)
「十鼓跨年演唱會」
台南・十鼓仁德文創園區(夢糖劇場)

2019年8月9日(金)
「我們都還在路上 〜We are on the road〜」
台北・REVOLVER

2019年8月10日(土)
「2019囪擊音樂祭 -STRIKE ROCK FES.-」
台南・十鼓仁糖文化園區(屋外・歯輪舞台)

初めての自分たち企画での台湾ライブは2017年6月。大人気バンド「赤世代」の力を借りつつ、その当時ギターを担当していたのがシン君でした。翌日のアコースティックライブ、青山にもある月見ル君想フで行いましたが、その対バンならびに下見の際に「私が共演者です!」と名乗ってくれた店員さんがDSPSのエイミーちゃんでした。シン君とはその年の11月にシュノーケル西村君と共に台北・台南でライブも。その時のユニットが後の「shoosh」であり、その時のドラムがトウ君でした。その組み合わせでは翌年に上海も行き、台南のカウントダウンや、今年の夏の台北・台南も一緒に遠征しました。今年の夏からshooshのベースとなったカイ君は日本語も堪能、責任感のあるキャラクターであっという間にユウスケチームとも仲良くなりました。ジャスティンは昨年の夏に自身のライブのOAやゲストとしてユウスケを台湾の人たちに紹介してくれ、レコーディングにも呼んでくれました。昨年末の彼の集大成ワンマンではサポートギターとして招いてくれ、ワンマンを大成功のうちに終わらせました。

海外でライブをやる際にはもちろん行きやすさや言葉が通じやすい環境であることも大事です。でも最も大事なことは力を貸してくれる仲間がいるかどうかです。実際、上に挙げた彼らは日本に来たらユウスケにも連絡をくれるし、台湾でもライブを見に来てくれたり、時には演奏してくれたり、新しいイベントに誘ってくれます。この数年で海外経験を積んだユウスケが初めての海外ワンマンをやるなら、それは「台湾」でやるのが一番だと我々は考えました。会場は小さなところですが、これまでも夏のイベントやギターデモプレイの時にリハーサルとして使ってきたベリルスタジオ。トウ君のプライベートスタジオも併設しており、使い勝手もわかっている場所です。今回のワンマン用に、記念になるチケットを作成してみようかとか、何か特別なドリンクが出せないかなとか、色々検討しています。またもしかしたらですが、日本から来てくださった方には追加のサービスもご提供できないか考えています。そのあたりは、ご予約いただいた方々に後日メールさせていただこうと思っておりますのでよろしくお願いします。

そんな初めての海外ワンマン。公演情報はこちらです。

2019年12月7日(土)
「Yusuke Fujita Oneman show in TAIWAN
〜With a Little Help from My TW Friends〜」
形式:バンド形式
場所:台北・Beryl Music -貝洛音樂-
https://berylmusic.weebly.com
出演:Vo.,Gt.:藤田祐介(YUSUKE)
Dr.:張至東(TOH)
Ba.:陳德懷(KAI)
Gt.:李欣峯(HSIN)
Vo.:王暄晴(WANG)
Vo.:曾稔文(AMI)
Vo.:鍾鎮宇(JUSTIN)
時間:OP18:30 / ST19:00
価格:前売500NTD / 当日600NTD
予約:10/10 12時よりメール予約受付開始。
宛先 ysk@nineup.co.jp
タイトル 12/7台北ワンマン
本文 お名前を英語で表記の上枚数をお知らせください。
お支払いは当日受付にて現地通貨にてお願いします。

タイトルの通り、ユウスケのTWフレンズが少しずつ力を貸してくれるワンマンです。ユウスケ以外の出演者達は全員台湾人です。それを強調するため、今回は全員表記を中国名の本名にし、カッコに普段ユウスケが呼んでいるニックネームを記載しました。それぞれバンドやプロジェクトを持っていますが、個人個人がユウスケに協力してくれている経緯から、敢えてそれらは外しています。今やるべきタイミングで今しかできないことを、他の日本人ミュージシャン達がなかなかできないことを追及してきましたが、2019年の年末、その集大成がお見せできそうです。

出演者は日本人一人しかいませんが、お客様は日本人大歓迎です。むしろお一人でも多く応援に来てくださるとありがたいです。この時期の台湾は日本より大変過ごしやすいですが、台湾にしては気温が低く、遠征としてはフライト宿共に行きやすい時期かと思います。小さい会場ですし出演者もスタッフも日本語堪能な者が多いのでご安心ください。ユウスケの初海外ワンマンを盛り上げるためにも是非日本のお客様にもお力添えいただければと思います。

年内のフジタユウスケのライブは、予定している物はおおよそ出そろいました。(突然の追加などがございましたらすみません。)来年は1月の恒例となりつつある京都との東京での始業式ができればと思っております。海外ものは決まりかけていても無くなったり、なかなか確定しなかったりと、本来はもっと早くお伝えしたい情報なのですが、二か月前の告知になってしまい申し訳ありません。ご予約は明日から。ご不明点はお気軽にお問い合わせください。よろしくお願いします。
スポンサーサイト