まずは現在予約受付中の7/8の弾き語りワンマンについての解説です。元々、私がやっている「音伝」という飲み屋の副店長的存在であった中川くん(元・徳田くん)が、5年前、我々とUK PROJECTさんとの合同で、下北沢に「風知空知」というお店を立ち上げることになり、その時に店長として出向してもらっていました。風知空知は最近ではよくライブイベントにも使われるし、CDJにも出店していたのでご存じの方もいらっしゃるかと思います。そこで丸4年勤務し、今年の頭から京都でお店を自分で立ち上げるべく、頑張っていました。3/8に「四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねず)」を、今出川通沿いに町家造りの素敵なワインバーとして完成させました。

四十八茶百鼠

先日ユウスケと、オープンのお祝いに訪れたときに、なんとなくピンときて、その場でギターなども弾いてみて、せっかく仲間がお店を作ったのだからここで盛り上げるイベントとかできたらいいね、という話になりました。折しもユウスケは7/7に有放題で京都に、7/9には見放題で大阪に来ていますので、その間の日である7/8はどうだろう、ということに。今まではライブはやったことない場所なので、少し音は絞らないとご近所に迷惑になってしまうかもしれませんが、皆で集まってみようということに。

当日はユウスケの発案で、せっかくお店のことを知ってもらうために、ということで1ドリンク1フードを別でお願いすることにしました。京都の夏野菜はとても美味しいので、それを使った料理を中川店長とユウスケで打ち合わせ、当日お出しできる予定です。またドリンクも安価で美味しく、特にやはりワインに対するこだわりは尋常ではありません。私もおすすめされるワインを何杯か飲みましたがとても美味しかったです。当日、ワンドリンクの中にワインもありますし、別途ご注文いただくことも出来る予定です。お酒を飲みながら音楽を聞くのもとても素敵ですので、飲める方は是非。

イベント名の「四十八茶百鼠入ル フジタユウスケ上ル 1 ~まさに京都へおこしやす~」ですが、京都では住所の表記を「入ル、上ル(いる、あがる)」などと表記します。京都出身のユウスケ的には、会場に入り、テンションが上がる、という別の意味も含めて、今後ワンマンのシリーズは「イルアガルシリーズ」としてイベント名をつけていこうということにしました。シリーズにするからにはまたやらないといけないですねー。(笑)

今回、狭いお店なので抽選という形でのお申し込みをいただくことになりましたが、極力ギリギリまで座席の置き方などを調整し、多くの方に入っていただけるよう、来週も調整してきます。ですので、抽選だから無理だと臆せず、是非当日を盛り上げていただきたく、お申し込みのほう、お待ちしております。受付期間は6/7の12時までとなっています。6/9には当落メールをお送りできると思います。お申し込みはこちらからお願いします。(携帯やPCからお申し込み可能です)

お申し込みフォーム

また、当日の弾き語り曲で、是非これは!というリクエストなどございましたら、お待ちしております。長丁場になるので、可能なかぎりリクエストにお応え出来ればと思っています。あ、それから、これにより、7/7有放題、7/8四十八茶百鼠、7/9見放題と3連戦になりましたが、移動の旅程としては翌日もまだ残るつもりです、、、。(笑)詳細後日!
スポンサーサイト
6/10は吉祥寺へおこしやす。 | Home | フジタユウスケスタッフブログを始めます。

Comment

Post comment

Secret