上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/10の「フジタユウスケ&吉祥寺Planet K共同企画『そうだライブ、行こう。 番外編 ~急やけど来ておくれやす~』」について、スタッフ観点からレポートを書いておきます。写真はすべて当日Twitterであげたものとは別バージョンです。

元々このお話は5/2に吉祥寺で弾きがたりライブをやったときにいただいたお話でした。ライブの後ユウスケとファミレスにこもり、せっかくイベントを預かるならどういう内容にしようか、徹底的に話しつつ、深夜3時過ぎになっていましたが皆にメールしたり電話したりしつつ。新旧の友人たちと互いをリスペクトしあえるイベントをつくろう、ということになりました。旧友の代表で言えばときわ荘の仲間達、よく対バンしたユースムースアヴェニューの二人が思い浮かびますし、新しい友人で言えば昨年3月ぐらいから仲良くしているplaneのキクチくんかなということになり。まあ連絡付きにくい人もいましたが(笑)、一ヶ月前にはびしっと決まりまして。それがこのイベントでした。

さて当日。一発目のバンドは「リユースケムースケアヴェニュー」。これは2年半前に「ユースケムースケアヴェニュー」としてやったバンドのリユースという意味で付けました。あ、実は二つのバンド名とも私が名付けています。(笑)あっさり本人たちが「いいね!」というので決まってしまいました。(笑)青江くんからはTHE ALFEEをやるのがいいと思うんですよ、というアイデアを。その時点で私もユウスケも、おそらく青江くんが、本人が好きなヒゲ扮装でベースの方をやり、ユウスケには骨格の似ている感じを強調して派手なギターの方をやってもらい、近藤くんは一切扮装せずに真ん中のギターの方として出てくる、という形を望んでいるんだろうな、と推測。聞いてみたら見事にビンゴでした。(笑)となれば、アイデアマン青江くんの上を行くコスプレをしてびびらせようということになり、あの格好になりました。(笑)当日は本番30分前まで仕上げの衣装準備で汗だくで走りまわりました。遊びもきちんとやらないといけないし、なにより本人たちが演奏も歌もかなり仕上げてきたのでそれに応えねばという変な義務感から頑張りました。

彼らは遊びも本気でやったし、ちゃんと今の自分の音楽スタイルも見せることができたし、自分達のルーツである音楽も恥ずかしがらず堂々とクオリティ高く演奏できたし、我々がこうなってほしいなと思っていた展開にぴたりとはまった気がします。私自身は、「過去にどんなことがあってもそれを乗り越えられる今を持ち、たとえ枝葉が分かれてもそのルーツ(根っこ)を大事にしない人は根腐れしてしまうのでは」という持論を持っています。それを彼らにもきちんと理解してもらえたし、体現できたかなと思います。ま、ユウスケ自身も先日の太秦での初コスプレ時、けっこうまんざらでもない楽しみ方をしていたので、今後は私としても時々なんかやってもらおうかなと画策しております。

リユースケムースケ

3バンド目は「キクチユウスケ + FATHER MUSIC」。キクチくんの提唱する緩やかな団体、ということで今回はplaneのワンマンに集中していたキクチくんに代わり、ユウスケがその組み合わせを考えました。テーマとしては自由に歌い、自由にその旋律を変えていくキクチくんが伸び伸びとやれるバンド。そこには最も我々と一緒に演奏してきたドラムのよっちゃんと、その仲間であるベースの健太郎くんしかいない、ということに。よっちゃんは既にこの時点でスペイン長期旅行を決めていましたが、無理を言って予定を変えてまで参加してもらうことになりました。その成果もあり、とても良いバンドになっていたと思います。当日はキクチくんがリハに遅刻し、既に前奏を演奏していました。そこへ「いやいやいや、、、」と手ぶらで入ってきたキクチくん。「出口を間違えてどうのこうの、、、」と言いながら歌い出しでは普通に歌っていました。(笑)あれを見て、あ、これはうまくいきそうだなと確信しました。(笑)本番でもよくコンタクトをとりながら、スリリングかつ落ち着いた楽曲が披露できたかと思います。自身のバンドplaneで見せる魅力とは違う魅力をキクチくんも見せることができたのではないかと思います。

キクチくんとユウスケは弾き語りではありますが、今年は全国ツアーを目指します。まず決まっているのは8/28の京都sole cafeですが、準備しているところでは確かに東西南北かなり抑えるつもりです。基本、二人ですが場所場所で固定せずゲストを交えながらトークしたり歌ったりする予定です。是非注目してみてください。

FATHER MUSIC

んで5バンド目。「フジタユウスケ」のバンドでした。持ち時間をたくさん頂いたので、次回作のアルバムからは少しにして、今までやってきた「一竿風月」「Goodday Sunshine」からしっかり演奏していこうということに。雨のせいとか随分久々にやった気がします。この日はユウスケの高いテンションに応じるように木下さんも雅人くんも張り切ってくれて。とても良い展開のライブができたのではないかと思います。本人もブログに書いていますが、まだ発売していない「雨が降っても」を皆さん口ずさんでいただけたのが感激でした。3/11の震災後、Twitterで皆を励まし続けるユウスケがこの楽曲をどうしてもアップして聞いてもらいたいと要請してきて。もちろん快諾し、たくさんの方に聞いていただけました。その時に、必要とされたい、聞いてもらいたいと思った音楽がこうしてきちんと伝わっていたんだなということを実感し、本当に嬉しかったです。あの音楽は「これからの音楽」ですが、まさに「これまでの音楽」と「これからの音楽」がきちんと混ざり合った瞬間かなと思います。

フジタユウスケ、バンドも弾き語りもこれからもたくさん予定していますが、どれもきちんと意味のあるライブにしていきたいと思います。どうぞ今後とも応援宜しくお願いいたします。

フジタユウスケ

その日の打ち上げはあっという間の朝まで、みっちり盛り上がりました。本当は全員集合の写真を撮りたかったのですが、もうすっかり真っ赤で出来上がっていたり、イケメンパワーが尽きて充電要になっている人がいたりでちょっとアレだったので自粛しました。(笑)代わりにタカミーさんとコウノスケさんの打ち合わせ風景をアップしておきます。(笑)

タカミーコウノスケ

次回のユウスケライブは7月の関西連戦、東京は7/18の下北沢です。また遊びに来てくださいね。来れなかった方は次回は是非。感想などもお待ちしております。

スポンサーサイト
7/7-10は4連戦でおたのもうします。 | Home | 6/10は吉祥寺へおこしやす。

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。